内臓脂肪を減らしてお腹がスリムになるダイエット

内臓脂肪を燃やしてエネルギーとして使い切ってしまうことで、下腹部のシェイプアップ効果が得られます。

下腹部が膨らんで前へとせり出しているといかにも太って見えますので、内臓脂肪の燃焼を促進して、お腹を細くしましょう。

内臓脂肪とはその名の通り、体の中の臓器の周りに付いている脂肪のことです。内臓脂肪の特徴として、運動などで減らしやすい反面、食事の摂りすぎで増えやすい脂肪であり、変動しやすい部分です。

お腹が太って見えるのは、内臓脂肪がたくさん蓄積されるためです。内臓脂肪は、カロリー過多な食事が原因で増加します。低カロリーで栄養バランスの取れた食事をすることや、運動不足を解消することが、内臓脂肪を減らす手段になります。

油料理や、肉など、高カロリーなものを避けて、野菜や海草中心の食事にすることで、特に食事の量を減らしすぎずともダイエットは実践可能です。

朝昼晩の食事をきちんと管理していても、間食やおやつを食べ過ぎては、内臓脂肪は増える一方です。スナック菓子は驚くほど油分や糖分が含まれていることがありますので、食べる時はほどほとにしましょう。健康な体とダイエットのためにも、間食を控えるようにしましょう。

毎日適度な運動をすることも、食生活の見直しと同じぐらい、ダイエットをする時には重要なものです。内臓脂肪が燃焼しやすい体質になるためには、きつい運動はせずとも、軽いウォーキングやランニングで脂肪を燃やすようにするといいでしょう。有酸素運動を20分以上続けることで、血液中のカロリーを使い切り、蓄積されている内臓脂肪をエネルギー源にするために燃やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です