クレジットカードの申込み時の審査について

これまで、クレジットカードの支払いに問題はなかったかどうかを審査では確認されます。

新しいクレジットカード申込み時の審査では、その人のクレジットヒストリーが、それぞれのクレジットカード会社によって確認されます。

クレジットカード会社は、審査をする時に信用情報会社に対してローンの返済やカードの支払いに滞りないかを確認します。
信用情報会社に照会することで、他社のクレジットカードやキャッシングで返済を大幅に遅らせたことがないかや、5年以内に自己破産をした経験がないかを判明させることができます。

問題がある人は、審査で断られてしまいます。また、銀行系カードローンや消費者金融会社などでキャッシングを行い、それらの借金を期日通りに支払えず、滞納したことがある人なども、クレジットカードの新規申込みが難しくなります。

銀行にしろ、消費者金融会社にしろ、全ての金融会社はキャッシング履歴を把握できる信用情報機関を利用しています。

金銭面でのトラブルはこじれると厄介ですので、審査をする時に信用情報会社に紹介をして申込み者の信用力がどの程度あるのかを把握しているわけです。

ですので、銀行系カードローンや消費者金融のキャッシングで発生した支払い延滞などの事故情報についても、クレジットカード会社は確認可能になっています。

信用情報会社に残る情報は、金融商品の返済に関することだけではありません。スマートフォンなどの携帯機器を分割で購入した場合も、返済が遅くなれぱ事故情報として残ります。

クレジットカードの審査に通らなくなると新たなカードが発行されなくなりますが、そうでなくても、借りた分はきちんと返済をすることが重要になります。

クレジットカードの申し込みをしたという履歴も、信用情報機関に残るようになっています。そのため、立て続けにいくつものクレジットカードを作成していると、記録が残って、審査をクリアしづらくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です